お買い物サポートブログ【ホームメイト・リサーチ - グッドショッピング】

旅行で知らない土地を訪れたときに、「道の駅」の看板が見えたらウキウキしませんか?道の駅は、その土地の名物を手に入れるにはもってこいの場所です。広大な面積を誇る北海道には、道の駅がなんと100ヵ所以上もあります。道の駅オリジナルの駅弁があったり、温泉付きの道の駅があったりと、北海道の魅力がたくさんつまっているのです。食材の宝庫、北海道を訪れる際は、ぜひ道の駅にも注目してみましょう。

小売店[ショッピング施設]をお探しなら「マーケットピア」
甲斐 リョウコと海原 ケイイチ
小売店[ショッピング施設]をお探しなら「マーケットピア」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年10月16日

北海道の道の駅!グルメ・お土産・温泉まとめ

北海道の道の駅!グルメ・お土産・温泉まとめ

北海道と言えば、世界遺産の知床や、函館の夜景などとともに、楽しみなのがおいしい食事や温泉。北海道は、その面積の広さからその土地その土地で実に色々な表情を見せてくれるのが魅力です。

一般的に北海道は、札幌市周辺の「道央エリア」、旭川市を中心とする「道北エリア」、函館市周辺の「道南エリア」、帯広市を中心とした「十勝エリア」、釧路市・根室市一帯の「根釧エリア」、網走・北見市を含む「オホーツクエリア」の6つに分類されます。北海道全体で100ヵ所以上ある道の駅。気ままにふらりと立ち寄るのもよし、訪れる予定のエリアから効率的にまわるのもよし、北海道の魅力がつまった道の駅をエリア別にご紹介します。

洞爺湖の玄関口 道の駅とうや湖 (道央エリア)

洞爺湖の玄関口 道の駅とうや湖(道央エリア)

洞爺湖は、2008年(平成20年)にG8サミットが開催された場所としても知られており、その洞爺湖を望む場所にあるのが「道の駅とうや湖」です。展望台が設置されており、北海道の中で最も美しいと言われる日本百名山のひとつ「羊蹄山」(ようていざん)を眺めることもできます。

この辺り一帯は、のどかな田園風景が広がっており、物産直売コーナーでは地元の採れたての野菜を生産者の名前入りで販売。置いてある野菜の種類も豊富で、「野菜が安くておいしい」と、人気を集めています。

ここでは、羊蹄山を眺めながら、地場産の野菜をたっぷり使った料理を楽しむことができる食事コーナー「とうや湖食堂」も人気です。ご当地グルメとして人気の「かぶり肉の牛丼」には、地元で育てられた赤毛和牛を使用しています。赤毛和牛は、脂肪分が少なく和牛ならではのやわらかさと旨みを含んでいるのが特徴。そんな旨み豊かな赤毛和牛の「かぶり」と呼ばれる背中側の部位を、かぶり肉の牛丼ではふんだんに使用しています。

道の駅とうや湖での楽しみは、地元産の野菜やグルメだけではありません。夏の時期には、「道の駅とうや湖夏祭り」と題して、特設会場で夏祭りが行なわれ、ジャガイモ詰め放題なども行なわれています。

洞爺湖周辺には、湯量が豊富な「洞爺湖温泉」があり、旅館の数は北海道随一です。宿泊施設が多数あるので、景色を楽しみながらゆっくり温泉に浸かることもできます。足湯や手湯を利用できる施設もあるので、気軽に温泉を楽しみましょう。道の駅とうや湖は、洞爺湖の絶景とともにのんびりとした時間が流れている癒しの道の駅です。

【施設情報】

日本最北端の道の駅 道の駅わっかない(道北エリア)

「道の駅わっかない」は、日本最北端に位置する道の駅で、日本で唯一、バスターミナルとJR、みなとオアシスが併設された道の駅です。ショッピングやグルメを楽しめ、地域交流センターなどを設置している「キタカラ」内に位置しています。周辺には、北海道遺産に指定された「稚内港北防波堤ドーム」。古代ローマ建築を彷彿させる圧倒的な建造物をひとめ見ようと多くの観光客が訪れています。

道の駅内には、「ワッカナイセレクトショップ」があり、様々な品物が揃っているのでお土産を買いそびれたなんてこともありません。稚内の特産品はもちろんのこと、宗谷管内や北海道内の特産品など、厳選されたアイテムがなんと約3,000種類も集められています。

軽食が取れる「ワッカナイセレクトカフェ」では、宗谷黒牛ハンバーグがサンドされたライ麦サンドや、北海道スープカレーが人気です。近くには、地産地消にこだわった「稚内副港市場」(わっかないふっこういちば)もあり、北海道のグルメを思う存分楽しむことができます。

この副港市場の魅力はそれだけではありません。2階にある天然の温泉施設「港のゆ」では、行き交う船を眺めながら温泉に浸かることができます。道の駅わっかないは、グルメや観光、癒しなど様々なことを楽しむことができる道の駅です。

【施設情報】

奥尻島を望む絶景夕日スポット 道の駅上ノ国もんじゅ(道南エリア)

奥尻島を望む絶景夕日スポット 道の駅上ノ国もんじゅ(道南エリア)

228号線沿いにある「道の駅上ノ国もんじゅ」。奥尻島を望む日本海に沈む夕日は、絶景スポットとしても有名で、訪れる多くの人を感動させています。

道の駅内2階の「グルメブティックもんじゅ」では、日本海を一望できる景観を堪能できるのはもちろんのこと、おすすめしたいのが地元の食材を使った料理です。上ノ国近郊で獲れた海の幸を豊富に使った海鮮メニューもあり、「あわび重」や「刺身定食」は人気のメニュー。

地元のお肉屋さんが商標登録している豚肉「フルーツポーク」を使った定食は、お肉がとてもやわらかいと観光客に評判です。このフルーツポークは、餌にフルーツとミルクを与えているので、豚肉独特の臭みがありません。道の駅上ノ国もんじゅに立ち寄った際は、絶景とともにおいしい食事を頂き、北海道の魅力を全身で感じてみましょう。

また、道の駅内では上ノ国町の特産品である「ブラックシリカ」の取り扱いもあります。ブラックシリカは、上ノ国町だけで産出される天然の鉱石。遠赤外線やマイナスイオンを高いレベルで放出するブラックシリカは、温浴効果や癒し効果があると言われています。ここの土地でしか採ることができないブラックシリカは、お土産にも最適です。

道の駅近辺には、国指定史跡の「勝山館跡」(かつやまだてあと)などの、歴史的建造物も多くあり観光スポットも点在しています。自然の風景も美しく、旬の食材がずらりと並ぶ「道の駅上ノ国もんじゅ」は心と体が満たされる道の駅です。

【施設情報】

士幌町の「食」の発信拠点 道の駅ピア21しほろ(十勝エリア)

士幌町の「食」の発信拠点 道の駅ピア21しほろ(十勝エリア)

雄大な自然を誇る十勝平野の玄関口に位置する「道の駅ピア21しほろ」は、観光客や地域の人に士幌町の魅力を発信しています。2017年(平成29年)4月にリニューアルした道の駅のコンセプトは、「畑をもっと身近に」。牛舎をモチーフにした道の駅は、農村風景にマッチしており、士幌町を観光する際にはぜひ訪れて欲しい道の駅です。

本格的なコーヒーや、士幌町の食材を味わうことができる「CAFE KANICHI 寛一」では、特産のジャガイモを地元の企業と共同で開発した「究極のフライドポテト」が人気の一品。

「しほろ牛100%のハンバーガー」や、「しほろ牛カレー棒」などしほろ牛を存分に味わえるメニューも人気です。道の駅内にある「にじいろ食堂」では、地元の肉牛ブランドであるしほろ牛を1頭買いするお店ならではの贅沢なメニューを頂くこともできます。「剣先ステーキ」「しほろ牛カレー」などのご当地グルメを豪快に堪能したら、「PIA21SHOP」でショッピングを楽しみましょう。

地元の農家の方が育てた「農家のおすそわけ野菜市」では、家庭菜園で育てられた新鮮な野菜が販売されています。お土産におすすめなのが、ピア21しほろ名物である「生産者還元用ポテトチップス」。塩味、コンソメ味、のり塩味の3種類のポテトチップスは、士幌町農協特製で箱買いをしていく人もいるほどです。ファミリースペースが隣接されており、大人にはくつろぎの空間、子供には遊べる空間が作られています。

北海道らしい絶景を堪能できる場所がいくつかある道の駅周辺。士幌市街より車で20分ほどにある「士幌高原ヌプカの里」も見どころのひとつです。目の前に広がる、どこまでも広がる十勝平野の景色。都会の喧騒から離れ、澄んだ空気を全身で感じられる場所は、日々の疲れを癒してくれる贅沢な空間となっています。道の駅ピア21しほろでは、地元の食材を使った料理と、THE北海道の雄大な景色を堪能しましょう。

【施設情報】

新鮮な魚介類はまさに絶品 道の駅厚岸グルメパーク(根釧エリア)

新鮮な魚介類はまさに絶品 道の駅厚岸グルメパーク(根釧エリア)

グルメの人におすすめなのが「道の駅厚岸グルメパーク」。道の駅内にある「魚介市場」では、厚岸名物の牡蠣などの新鮮な魚介類を購入することができます。同じ階にある「炭焼あぶりや」で購入した海鮮類をそのまま食べることも可能です。厚岸の味と言われる新鮮な牡蠣やアサリ、サンマなどは地元の人もうなるほどの鮮度。炭焼きコーナーは、海を眺めながら、新鮮な魚介類を食すことができる贅沢な空間です。

2階には地元の名産を堪能できるレストラン「エスカル」もあります。厚岸名物の牡蠣と、釧路の名物海藻ポークを使った「かきぶた合戦丼」は、ご当地グルメとして観光客に大人気。厚岸グルメパークは、名前に「グルメ」が付いているだけあって、北海道の味をとことん堪能できます。

厚岸のみどころは、グルメだけではありません。厚岸を訪れた際にぜひ立ち寄って頂きたいのが、「愛冠岬」(あいかっぷみさき)。愛冠岬の名前には、「できそうにない困難を乗り越えて、愛の栄冠を得る」との意味合いがあり、厚岸湾の壮大な景色を眺めることができます。この美しい景色とともに有名なのが、「愛の鐘ベルアーチ」と呼ばれる鐘。この愛冠岬を訪れると、願いや愛が叶うとして、若い人を中心に恋愛スポットとして人気があります。

厚岸グルメパークは、北海道のおいしい食材を存分堪能したい方にはおすすめの道の駅です。

【施設情報】

知床半島とオホーツク海を一望できる観光拠点 道の駅流氷街道網走(オホーツクエリア)

知床半島とオホーツク海を一望できる観光拠点 道の駅流氷街道網走(オホーツクエリア)

オホーツクエリアを訪れる際の人気スポットとして名高い「網走」。この網走を観光する際に外せない場所が「道の駅流氷街道網走」です。網走の観光やイベント情報が満載の、情報案内所がありお得な情報を発信しています。

網走と聞いてまず頭に思い浮かぶのが「網走刑務所」。日本最北端にある刑務所として有名で、今では大きな観光名所となっています。

その網走刑務所から車で約20~30分のところにあるのが、道の駅流氷街道網走です。名前に「流氷」と付いているだけあって、この道の駅、冬の期間は流氷砕氷船の「おーろら」の発着場となります。流氷が見える時期となると、海が凍る神秘的で圧巻の情景を堪能できる網走。アザラシなどの動物も見ることができるので、ぜひオホーツクエリアを訪れた際には、流氷砕氷船に乗ってここでしかできない体験を味わってみましょう。

そんな観光名物流氷が、道の駅のお土産コーナーはモチーフとなっています。流氷の海を彷彿とさせる店内には、網走の名物が所狭しと並び、網走刑務所で作られた花瓶や湯のみはお土産におすすめです。

2階には、昭和の時代に映画の舞台となった網走をイメージして作られたフードコート「キネマ館」があり、ご当地グルメの「網走ザンギ丼」や、「かに飯」が有名。他にもリーズナブルなメニューが揃っており、多くの観光客に人気です。

この道の駅を訪れるのは、観光客だけではありません。多目的交流スペースでは、地元で採れた農水産物を販売する直売コーナーがあり、地元の人も普段の買い物として利用しています。網走市の中心部に位置する道の駅流氷街道網走は、観光や地域活性化の役割を担い多くの人が訪れる道の駅です。

【施設情報】

※この記事は、2017年11月時点の情報に基づいて作成されています。

お近くの道の駅を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る