お買い物サポートブログ【ホームメイト・リサーチ - グッドショッピング】

日用品の買い出しも、いつものウインドウショッピングも、友人と楽しむエンターテインメントも、グルメに舌鼓も、ショッピングモールがあればOK。今や私たちの暮らしに欠かせないショッピングモールは、”理由はなくても行きたくなる”ワクワク感満載のワンダーランド。そんな施設について、今回は関東エリアで人気のショッピングモールをたっぷりとご紹介します。

小売店[ショッピング施設]をお探しなら「マーケットピア」
甲斐 リョウコと海原 ケイイチ
小売店[ショッピング施設]をお探しなら「マーケットピア」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年4月3日

1日中遊べる!関東のショッピングモール&大型商業施設

一日中遊べる!関東のショッピングモール&大型商業施設

日用品のお買い物も、いつもの洋服選びも、友人とのカフェ談義にも、グルメハンティングも、ショッピングモールに”丸ごとお任せ”。

日本では90年代以降、都市型・都市郊外型のショッピングセンターが続々と登場し、今や私たちの暮らしに欠かせないものになりました。

”理由はなくても行きたくなる”ワクワク感満載のこの施設について、今回は関東で人気のショッピングセンターをたっぷりとご紹介します。

おなじみのあのスポットも、「知らなかった・行ったことなかった」あの施設も、たっぷりとお届け。今度の週末は、ショッピングモールにお出かけで決まり!

【東京】下町と流行発信地にオープンした、巨大なショッピングモール

【東京】下町と流行発信地にオープンした、巨大なショッピングモール

【東京】東京ソラマチ

2012年(平成24年)5月、東京都・墨田区にオープン。「東京ソラマチ」は高さ634mを誇り、当時日本一の高さと大きな話題になった東京スカイツリーを有する、街とも呼べるほどの広大な複合商業施設の中にあります。

構成される施設は東京スカイツリーの展望台やレストラン、お土産ショップが集まった「東京スカイツリー」の他、観光やショッピングにぴったりの買い物施設「東京ソラマチ」、学びに特化した新型水族館「すみだ水族館」、17層約7,700坪にものぼる巨大オフィスビル「東京スカイツリーイーストタワー」、広場やプラネタリウム、駅を含めると、その広さ約3.69haにものぼります。

商業はもちろん東京・下町の文化や教育を担う、東京の新名所です。

【施設情報】

【東京】渋谷ヒカリエ

2012年(平成24年)4月にオープン。JR渋谷駅東口の地下に伸びる、東急東横線渋谷駅の隣に完成した複合商業施設です。東急東横線、JR線、地下鉄を大勢の勤め人が利用することもあり、年商は250億以上。

地下3階~地上5階までに東急百貨店をはじめ、感度の高い最先端の飲食店やアパレルショップなど約200の売り場やショップが軒を連ねています。またミュージカル劇場「シアターオーブ」が11~16階に入居、17階以上は大手企業のオフィスエリアです。

【施設情報】

  • 施設名:渋谷ヒカリエ
  • 所在地:〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1
  • TEL:03-5468-5892

【東京】【神奈川】東京・神奈川の超大型ショッピングモール

【東京】【神奈川】東京・神奈川の超大型ショッピングモール

【東京】アーバンドックららぽーと豊洲

2006年(平成18年)10月にオープン。東京湾を眼前にのぞむ湾岸エリアに位置する「アーバンドックららぽーと豊洲」は、年商350億円クラスの超大型ショッピングモールです。

専門店が180以上、グルメスポットやインテリアショップなどの生活雑貨、「ユナイテッドシネマ」「キッザニア東京」「ドゥ スポーツプラザ」などのカルチャー系、銀行やクリニックも完備しています。

【施設情報】

【神奈川】ラゾーナ川崎プラザ

2006年(平成18年)9月、川崎市にオープン。売上高は年商750億以上と、全国でもトップクラスの巨大複合商業施設です。

店舗数300店以上。シネマコンプレックス「109シネマズ川崎」をはじめ、レディース・メンズ・キッズのアパレルショップ、和洋中、無国籍と何でも揃うフードショップ、クッキングスタジオや旅行代理店、スポーツクラブ、銀行や郵便局まで、暮らしのニーズに沿った店舗が大集結。

その他、集客力の高さから、アーティストの無料コンサートイベントなども積極的に開催しています。

【施設情報】

【神奈川】電車でも車でも!好立地な2つのショッピングモール

【神奈川】テラスモール湘南

日本全国のショッピングモールの中でも施設面積が広く、のびのびとショッピングが楽しめる「テラスモール湘南」は、JR辻堂駅から徒歩約2分新湘南バイパス藤沢インターチェンジから車で約5分という好立地です。年商も500億以上と、神奈川県内でも人気を集めています。

店舗は約300店。シネマコンプレックス「109シネマ」や「アカチャンホンポ」、「銀座山野楽器」などの大型専門店の他、アパレルショップにグルメ、「unico」「キャスキッドソン」「KEYUCA」などのインテリアや生活雑貨、「ABCクッキングスタジオ」などのカルチャー系も完備。湘南っ子も満足できる、何でも揃うショッピングモールです。

【施設情報】

  • 施設名:テラスモール湘南
  • 所在地:〒251-0041 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1
  • TEL:0466-38-1000

【神奈川】ららぽーと横浜

三井不動産商業マネジメントがプロデュースする「ららぽーと」ブランドの中でも、年商450億円以上を売り上げる大型複合商業施設です。

2007年(平成19年)3月に横浜市にオープン。大型施設ながらJR鴨井駅から徒歩10分第三京浜港北インターチェンジから車で5分とロケーションも良く、周囲にはIkEA港北店やヤマダ電機、日産スタジアムなど大型ショップが点在しています。

店舗数は約280。「東急ハンズ」や「TOHOシネマズ」「ノジマ」「HMV」などの大型専門店の他、「カルディコーヒーファーム」「H&M」「FOREVER21」など話題のショップも多数ラインアップしています。

【施設情報】

  • 施設名:ららぽーと横浜
  • 所在地:〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1
  • TEL:045-931-1000

【埼玉】県下でも人気を集めるショッピングモール

【埼玉】ららぽーと富士見

2015年(平成27年)4月にオープンと開業から2年足らずですが、すでに埼玉県下のショッピングモールの中でもダントツの売上高を誇る「ららぽーと富士見」。

埼玉県富士見市に位置する複合商業施設で、敷地面積約152,000㎡店舗面積約80,000㎡と、全国のららぽーとブランドの中でも3本の指に入るほど大規模な施設です。

同店はスーパーマーケット「ヤオコー」、シネマコンプレックス「TOHOシネマズ」を中心とした店舗構成で、日本第1号のレゴの直営店「レゴストア」や子どもが運転できるミニチュアトレイン「セガ ソニック鉄道」など特色のある店舗を多数展開しています。

【施設情報】

  • 施設名:ららぽーと富士見
  • 所在地:〒354-8560 埼玉県富士見市山室1-1313
  • TEL:049-257-5100

【千葉】千葉県を代表する2大ショッピングセンター

【千葉】千葉県を代表する2大ショッピングセンター

【千葉県】酒々井プレミアム・アウトレット

2013年(平成25年)4月、千葉県印旛郡酒々井町飯積にオープンした、比較的新しい大型アウトレットモールです。2018年(平成30年)には200店舗を超える同施設は、三菱地所・サイモンが運営を担っています。

訪日観光客の集客も視野に入れ、立地は成田空港にほど近いエリアをチョイス。空港からアクセスすると車では10分ほどで到着できます。

オープン当時は日本第2号店となる「ギャレットポップコーンショップス」や、アウトレット日本初出店として、ショコラトリー「ピエールマルコリーニ」や、レディースバッグブランド「レベッカミンコフ」など、話題の店舗が続々登場し話題になりました。

【施設情報】

【千葉】ニッケコルトンプラザ

千葉県市川市に1988年(昭和63年)11月オープン。店舗面積55,290㎡敷地面積142,200㎡と、市川市周辺では規模の大きなショッピングセンターです。

日本企業で初のショッピングセンターを立ち上げたダイエーが、同施設のメインテナント。他「トイざらスベビーザらス」や「ニトリ」「コナミスポーツクラブ」「TOHOシネマズ」など大型店舗を多数ラインアップし、約165店が軒を連ねています。

アクセスはJR総武線八幡駅から徒歩約10分と、毎日の買い物でも通いやすい利便性の高い施設です。

【施設情報】

【茨城】つくば学園からアクセス良好。利用しやすい郊外型ショッピングセンター

【茨城】つくば学園からアクセス良好。利用しやすい郊外型ショッピングセンター

【茨城】イーアスつくば

大和ハウスが開発・運営。茨城県つくば市に2008年(平成20年)10月にオープンした、関東最大級の郊外型複合ショッピングセンターです。

「すべてのあなたに、いい明日を」をキャッチコピーに、全221店で構成されています。「アウトモール」にメディカル系のショップやペットショップ、アトリエを配置。「インモール」にアパレルショップやフードコート、シネマコンプレックスをラインアップしています。

つくばエクスプレス「研究学園駅」から徒歩約4分と、アクセスの良さもポイントです。

【施設情報】

【栃木】北関東を代表するショッピングモール

【栃木】北関東を代表するショッピングモール

【栃木】FKDインターパーク店

2003年(平成15年)7月にオープン、地元企業・福田屋百貨店が展開するショッピングモール。敷地面積227,847 ㎡、メインテナントは福田屋百貨店を配し、オープン当時は県下最大の規模として話題に。シネマコンプレックス「MOVIX宇都宮」も入店。オープンから2年後には「インターパークショッピングレッジ」を、2008年(平成20年)には「インターパークスタジアム」を増設しました。

東北本線(宇都宮線)雀宮駅から車で10分と、車でのアクセスも良好。車社会が発達している北関東の地域性にぴったりの出店で、地元っ子から支持を得ています。

【施設情報】

  • 施設名:FKDインターパーク店
  • 所在地:〒321-0118 栃木県宇都宮市インターパーク6-1-1
  • TEL:028-657-5000

※この記事は、2017年11月時点の情報に基づいて作成されています。

お近くのショッピング施設を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る