【マーケットピア】お買い物サポートブログ|グッドショッピング

読み終わった本は、わざわざ古本屋の店頭に持ち込まずとも、インターネットを利用して家に居ながら買い取ってもらうことができる仕組みがあります。しかし、その査定基準はサイトによって異なり、買い取り額にはかなり差がみられるのが現状です。少しでも高く本を売るために、主要な古本買い取りサイトを比較し、その特徴をまとめました。

甲斐 リョウコと海原 ケイイチ
小売店[ショッピング施設]をお探しなら「マーケットピア」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2019年9月3日

少しでも高く売りたい!古本の買い取りサイト比較【決定版】

少しでも高く売りたい!古本の買い取りサイト比較【決定版】

読み終わって不要になった本は、古本屋に買い取ってもらうことができます。しかし、いざ店頭に売却しようと持参しても、ほんのわずかな金額にしにかならなかったという経験をしたことはありませんか?

どちらかと言うと、大手の店頭買い取り業者の買い取り金額は安く、インターネットの買い取り業者を利用した方が高く買い取ってもらえることが多いです。

古本買い取りサイトでもそのサイトそれぞれに特色や得意分野があり、それが買い取り金額に大きく反映されます。

本の種類によっては数倍異なることもある程です。古本をわずかでも高く売りたいという方に、主要な古本買い取りサイト9つを特徴とともにご紹介します。

レア物も適正に評価。1点ずつの高価買い取りが可能な「駿河屋

古本買い取りの老舗のひとつである「駿河屋」は高額査定で人気があります。チェーン店と異なり、1点ずつ丁寧に査定。それぞれの買い取り価格の確認が可能です。

価格査定もサブカル系のレア物に強い傾向があり、他店では買い取り不可となる同人誌や会報誌についても、専門知識のあるスタッフにより高額な買い取りを行なっています。買い取り価格が3,000円以上もしくは、30点以上の買い取りで宅配送料が無料です。

買い取り方法には、事前にホームページで買い取り価格を事前見積もりしてから申込む「あんしん買い取り」と、送付してからまとめて査定を行なう「かんたん買い取り」の2種類があります。

一冊ずつ高額査定をしてほしいと言う場合には、「あんしん買い取り」がおすすめ。万一実査定金額と差が発生しキャンセルしたい場合には、設定によりその商品のみを売却キャンセルすることもできます。

一方、「かんたん買い取り」は、売りたい物を箱に詰めて送るだけ。とにかく素早く不要な本を処分したいと言う場合に適しています。

Amazonアカウントで利用できる「リコマース

Amazonアカウントで利用できる「リコマース」

「リコマース」はAmazonサービスと連携した宅配買い取りサービスで、Amazonのアカウントでログインし、簡単に買い取り手続きが始められます。買い取り代金の支払いはAmazonギフト券のみですが、査定金額に承諾後すぐに送付されるので、代金受け取りまでが速いことがメリットです。

送料宅配キットは無料で申込みができ、1点から買い取りが可能。宅配キットを使用しない場合でも、佐川急便の着払いが利用できます。

集荷はマイページから手配可能。思い立ったときにすぐ買い取りの申込みができます。初回買い取り時に必要な本人確認は、「本人限定受取郵便」を利用しますので、面倒な書類の送付などは必要ないのも便利な点です。

買い取り価格については、サイト内で事前に検索できますが、正式査定後の買い取り金額に納得できない場合には無料で返送してもらえます。ただし、複数商品を送付した場合には、個別の査定額の提示はなく、総額のみとなる点に注意が必要です。

代金の受取方法が選べる「リコマース」系列の「買取王子

「リコマース」と同系列の運営の「買取王子」ではISBNコードのある本で状態に問題がなければ買い取りが可能です。

雑誌についても5年以内でマンガ・週刊誌以外の月刊誌や季刊誌であれば対象に。こちらも1点から買い取りを申込むことができ、査定に納得がいかない場合にはすべて無料で返却してもらえます。

「買取王子」のユニークなサービスはポイント制。通常の買い取り業者は取引成立後、すぐに銀行振込で代金の支払いが行なわれることが一般的ですが、買い取り王子では、振込の他に「買取王子ポイント」が選択でき、ポイントにして貯めておくことが可能です。

貯めたポイントは、Amazonギフト券もしくは楽天Edyなどにいつでも交換できます。ポイントを選択することで、6ヵ月間、1ヵ月1%のボーナスが付与。最大6%分のボーナスポイントが受け取れます。

さらに、Amazonギフト券に交換する場合には、累計ポイント数によるボーナス付与があり、最大で11%分受取金額が増額すると言う他社にはないお得なシステムが特徴です。

当日集荷も受付。5点から送料・返送料無料の「Vaboo

人気商品や発売日から時間が経っていない本をできるだけ高く売りたいと言う人には「Vaboo」の買い取りがおすすめです。

「Vaboo」では、発売日から3ヵ月以内なら定価の30%以上、6ヵ月なら20%、1年なら10%以上の買い取り金額を保証しています。また、1ヵ月間限定で高額買い取りを行なう「バブリープライス」を設定。定価の70%を超える買い取りも実現しています。

買い取りは15時までの申込みなら当日集荷の手配に対応し、思い立ったときにすぐ本を売ることが可能。

査定金額に納得できなかった場合の返送は、全部の商品をキャンセルする場合には無料での返送ができます。また、金額が付かなかった商品のみの返送にも対応していますが、その場合には送料は実費負担が必要です。

買い取り不可の商品も、廃棄するのではなく福祉施設などへ寄附している他、本による寄附活動への取り組みなど多数の社会貢献活動を行なっており、その企業姿勢に賛同する利用者も多くいます。

24時間以内の事前仮査定が便利な「ブックリバー

24時間以内の事前仮査定が便利な「ブックリバー」

「ブックリバー」は、人気商品の場合定価の30~50%の買い取り額を提示しているのが特徴で、ホームページには現在高額買い取り中の本がリストアップされています。

買い取り価格の事前査定は自動ではないものの、ISBNコードによる仮見積もりは24時間以内に返信、1冊ごとの買い取り価格が明示されていますので、買い取り額に納得のできた物だけを売ることが可能です。

「ブックリバー」はビジネス書や専門書に強く、特に専門書については、発行年にかかわらず高額買い取りを行なっています。また、大手チェーン店と異なり、多少の傷みがあっても買い取りに対応。極端な書き込みや破れがないといった一定基準を満たしていれば、減額もゆるく、他社よりも有利な条件での売却が可能です。

買い取り時の送料無料については、冊数でなく、買い取り金額ベースで2,000円からとなります。事前査定で買い取り価格を確認後に送付した場合のみ、送料が無料となり、代金の振込は到着後即日もしくは翌日と言うスピーディーさも魅力です。

実用書や専門書の買い取りなら「エコブックス

実用書や専門書を売りたいのであれば、「エコブックス」もおすすめです。「エコブックス」はホームページ上で仮査定ができ、ほぼその仮査定結果通りの買い取りを行なってくれます。また。1ヵ月以内の新刊の買い取りは40%と言う高額な買い取り額を提示。

また、買い取り額の振込手数料が無料であることも有利なポイントです。チェーン店などでは比較的安い買い取り額になってしまう専門書も、希少性や需要度などの価値を判断したうえで査定。

そのため、見積もり後の買い取り承認率はほぼ100%と言う高い水準と発表されています。ただし、送料無料で買い取り可能となるのは30冊以上となり、専用の宅配キットなどの送付はなく、自分で段ボールを用意しなければなりません。

また、コミックや洋書、通常の雑誌などは取扱っていない点や、買い取りキャンセルの場合の返送料は負担しなければならない点には注意が必要です。チェーン店のようなサービスよりも、その分のコストを査定額に還元しています。

マニアックなジャンルの買い取りならメイカーズブックス系列

マニアックなジャンルの買い取りならメイカーズブックス系列へ

マニアックな本を売りたいときには、ジャンルごとに専門のスタッフが査定を行なっている、メイカーズブックス系統の買い取り専門店がおすすめです。

メイカーズブックスは、ビジネス等の専門書を扱う「清涼堂」をはじめ、鉄道専門の「鉄道書庫」。歴史専門の「歴史書館」、参考書専門の「参考堂」など10ジャンル以上の買い取り専門店を運営しています。

査定はその専門店ごとに別々ですが、その分野に精通したスタッフが査定を担当しているため、本の価値が正当に評価されやすいです。

ホームページへの高価買い取りリストの公開に加え、事前見積もりにも対応。売ろうと思っていた貴重本の買い取り価格が低すぎたために売却を断念して返送してもらう、という手間がかかりません。

送料無料条件は、店舗ごとの設定となりますので注意が必要ですが、事前査定3,000円以上で1冊から送料無料に対応しているジャンルもあり、専門色の強い本を売りたいときは優先的に検討したい買い取り業者といえます。代金の入金も最短で到着後翌日と急ぎのときにも便利です。

キャンペーンが豊富!新刊コミックの買い取りには「ネットオフ

比較的新しい本を、手間をかけずに売りたいと言う人には、「ネットオフ」がおすすめです。送料や振込手数料、段ボール箱の手配などはすべて無料。

翌日集荷で査定終了後最短2日後には代金が入金されます。特に新刊コミックの買い取りに強く、発売1ヵ月以内なら定価の50%以上での買い取りを保証。

一般書籍も3ヵ月以内は30%で買い取りを行なっています。混雑の具合により査定完了まで時間がかかる場合もありますが、申込み時点の買い取り価格がそのまま適用されるので安心です。

宅配買い取りの送料を無料にするには、30冊以上の送付が必要ですが、同送にCD・DVD・ゲームソフトが3点あれば、10冊以上へと条件が緩和されます。

また、随時買い取り査定額を増額する様々なキャンペーンがあり、大手ながらもこれらを上手に利用すれば、便利に使える業者です。通常利用でも、大手業者の店頭買い取りより有利な価格で買い取ってもらえます。

また、「ネットオフ」は取扱量も多く、販売サイトも充実していますので、本を売るだけでなく通販で古本を安く購入したいと言う人にも便利なサイトです。古本の購入でTポイントを貯めることもできます。

雑誌の買い取りも可能な「もったいない本舗

雑誌の買い取りも可能な「もったいない本舗」

買い取り範囲が広いことが特徴の「もったいない本舗」。中古本買い取りサイトの多くが雑誌の買い取りは受け付けていませんが、「もったいない本舗」では、2010年(平成22年)以降に発行された、マンガ雑誌やカタログ雑誌を除く厚さ2cm以内の雑誌であれば買い取りを行なっています。

30冊以上であれば無料集荷が可能。週刊誌や情報誌まで対象となるなど、買い取り可能なジャンルも幅広いので、雑誌類の処分に困っている人におすすめです。

集荷用段ボールについては、無料で申込み後当日発送のうえ、梱包用のガムテープまで付属。入金時の振込手数料は無料など、スムーズな発送が可能なシステムが整っているのが特徴です。査定結果の通知は到着後2日以内、振込はおおむね到着週の翌週金曜日に行なわれています。

ただし、「もったいない本舗」は他店のように新刊本や貴重本について特別な査定基準を売りにしているわけではありません。どちらかと言うとたくさんの本をまとめて処分したいと言う人に向いています。

洋書の買い取りが可能「本買い取りアローズ

「本買い取りアローズ」では宅配買い取り業者の中でも少ない、洋書や教材システムの買い取りを受け付けています。デアゴスティーニについても、単品買い取りが可能。全巻揃えることができずに眠ってしたままの物でもお金に変えられます。

新刊については、発売日から1ヵ月以内であれば40%、3ヵ月以内であれば20%の買い取りを保証。ホームページ上にも高額買い取り商品リストが掲載されています。買い取り額アップのキャンペーンも頻繁に開催。

最短で当日集荷に対応、査定は到着後2日以内と言うスピードも魅力です。「本買い取りアローズ」においても、宅配キットの送料や査定申込みに関して費用はかかりません。査定はジャンル別にまとめてとなりますが、額に納得がいかなければ、キャンセルも可能です。

ただし、返送を希望する場合は着払いとなります。無料査定の最低冊数は定められておりませんので、他で買い取りができず、売却を諦めていた書籍に利用すると良いでしょう。

※この記事は、2017年12月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くの本屋[書店]を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る